Listen To The Music

真夜中のサイレント・ラジオ、MRT2(マルタツ)です冗談野郎のグダグダな話を絶賛ON AIR中〜Listen To The Music Facebookページhttp://www.facebook.com/nipperradioYouTubeのリンク切れは御容赦下さい💧記事を選択(記事名をクリック)するとこのブログの人気の記事(Popular Entries)が表示されます©2012ー2017 公害新聞社
真夜中のサイレント・ラジオ、MRT2(マルタツ)です
冗談野郎のグダグダな話を絶賛ON AIR中〜


Listen To The Music Facebookページ
http://www.facebook.com/nipperradio


YouTubeのリンク切れは御容赦下さい💧


記事を選択(記事名をクリック)すると
このブログの人気の記事(Popular Entries)が表示されます


©2012ー2017 公害新聞社
裏切者のテーマ

裏切者のテーマ

O'Jays
Back Stabbers
1972



これは痺れたね!
都会的で洗練された大人の世界・・・
華麗なストリングスが今聞いても美しい
ヴォーカル・ワークも濃厚で、非の打ち所がないフィリー・ソウルの名曲!


そう、今ではフィリー・ソウルと呼ばれているみたいだ
当時はフィラデルフィア・サウンドと呼ばれていたような記憶があるんだけど・・・
気のせいか?と思うほど最近聞かないね
作曲、プロデュースのギャンブル&ハフ、アレンジャーのトム・ベル・・・
フィラデルフィア・インターナショナル・レコードの第1弾・・・
ではありますが、既に集大成か?と思わせる貫禄、風格を感じさせます
まさしく、この歌の掛け声、What they do!
(まったく奴らがする事といったら!)といった所ですな〜


https://youtu.be/T6h1BV7FZqs


オージェイズはこの時点で既に10年以上の経歴のあるグループでしたが、この曲で日の目を見たんですね
フィラデルフィア・サウンドは黒っぽくないし、甘ったるい・・・
そんな評価もありましたが、このソウルフルなヴォーカルは最高に熱くないか?
「裏切者のテーマ」・・・映画音楽みたいな邦題ですが、残念ながらサントラではありません
(別に残念ではないけど♪)
しかし、ドラマチックなこの曲には相応しいタイトルになっている
なかなか憎いね〜
Back Stabbersは直訳すると「背中を刺す連中」?
「陰で企んでる奴ら」「暗躍者たち」といった所でしょうか
サスペンス・ドラマみたいな展開の歌詞になっています


♪ まったく奴らがする事といったら!
奴らは微笑みかけやがる
いつも俺を陥れようとしている
陰で企らんでる奴ら
一体どうすればいいんだ
奴らの笑顔は嘘だらけだ
汚れた、嫌な奴ら・・・

恐ろしい・・・大人の世界を垣間見ましたね


このレコードも当時購入しました
珍しくシングル盤ではありません
といってもLPでもありません
そう、アレですよ、アレ
シングルと同じ7インチだけど、45回転じゃなく(LPと同じ)33回転のアレ
通称「コンパクト盤」、4曲入りのお得なヤツ
(EPは厳密には45回転なので、これはEPではないのだ)
ヒット曲が4曲入ったミニ・ベストアルバムみたいのが多かったんですが、
CBSソニーさんはアルバムから4曲抜粋したミニ・アルバムみたいなのを出していた
それを買ったんです
「裏切者のテーマ」「壁の時計」「ラブ・トレイン」「992の冒険」(再発では「992の言い争い」に改題)の4曲入りでした
LPからはその後、この中の「992の冒険」「ラブ・トレイン」がシングル・カットされたので結果的にこれは超お買い得!
CBSソニーさん、見事な選曲でした!

name
email
url
comment