Listen To The Music

真夜中のサイレント・ラジオ、MRT2(マルタツ)です冗談野郎のグダグダな話を絶賛ON AIR中〜Listen To The Music Facebookページhttp://www.facebook.com/nipperradioYouTubeのリンク切れは御容赦下さい💧記事を選択(記事名をクリック)するとこのブログの人気の記事(Popular Entries)が表示されます©2012ー2017 公害新聞社
真夜中のサイレント・ラジオ、MRT2(マルタツ)です
冗談野郎のグダグダな話を絶賛ON AIR中〜


Listen To The Music Facebookページ
http://www.facebook.com/nipperradio


YouTubeのリンク切れは御容赦下さい💧


記事を選択(記事名をクリック)すると
このブログの人気の記事(Popular Entries)が表示されます


©2012ー2017 公害新聞社
のっぽのサリー

のっぽのサリー

Long Tall Sally
The Beatles 1964
Little Richard 1956



ロックンロールの名曲!「のっぽのサリー」です


今ではすっかり「ロング・トール・サリー」という事で、
かつての邦題は駆逐されている状態ですが・・・
「のっぽ」はいつから放送禁止用語になったんだ?
それなら「できるかな」のノッポさんの立場はどうなる?
(余り関係ないか 笑)


タイガースのサリーも、背が高いから付けられた愛称だ
ジュリーにサリー・・・どっちも女の名前だぜ?
まあ、人名だからまだいいか・・・ピーっていたもんな(笑)
ピーって凄い愛称だよね


ビートルズの「のっぽのサリー」は、音楽誌「ミュージック・ライフ」のラジオCMに使われていた
15秒くらいのスポットだったけど、ガツンとインパクトありましたね
曲は知っていたんだが、まだまだビートルズ全曲制覇もできていない頃だから
ビートルズだと思わなかったんだ・・・一生の不覚だね
この声、凄いよな!
黒人かと思ったよ


https://www.youtube.com/watch?v=EGWUUEQ0Bt0


本国イギリスではEPとして出てるんですね
デビュー前から演奏しているポールの十八番です
よくモノマネと言われますが、本家より貫禄あるんじゃない?
恐ろしい才能だ


ビートルズの「アイム・ダウン」は、明らかに「のっぽのサリー」に代わる曲を・・・
という事で作ったんでしょうね
ここまで手の内をさらしているのは珍しい・・・バレバレだ
どっちもライブでのラスト・ナンバーにしていたし・・・
日本公演でも「のっぽのサリー」でしたね
そうそう、前座でドリフターズがやっていたのもこの曲でした
(仲本工事が歌っています)





オリジナルのリトル・リチャードはとにかく豪快!
陽気にわめき立てるのが最高だ
ロックンロールの創始者の一人ですね
チャック・ベリーがギターでロックンロールなら、
リトル・リチャードはピアノでロックンロールだ


http://www.youtube.com/watch?v=jqxNSvFMkag


黒人の曲は(当時のアメリカでは)白人のラジオ局では掛けてもらえない・・・
リトル・リチャードの初のヒット曲「トゥッティ・フルッティ」も
白人のお坊ちゃま、パット・ブーンがお行儀良くカバーして大ヒット・・・
「今度はパットの野郎には歌えない曲にするぜ!」と作ったのが
「のっぽのサリー」らしい
ところがまたまたパット・ブーンがカバーしてヒットさせるんです
なかなか手強いね


ロックンロールという言葉も、段々白人のロックンロールだけに使われるようになって、
黒人のロックンロールはリズム&ブルースと呼ばれた・・・と
チャック・ベリーも憤慨してましたね
(リズム&ブルースは黒人音楽を指す言葉として、以前から使われていた)
あ、それから!リズム&ブルースはよくR&Bと表記されますが、
アール・アンド・ビーと呼ぶのはダメですよ
ロックンロールだってR&Rと表記されるけど、
アール・アンド・アールとは誰も読まないでしょう?
同じ事です


リトル・リチャードは黒人として差別されていただけではなく、
同性愛者として、また「悪魔の音楽」と呼ばれていたロックンロールを
演奏する者としても非難され、
まさにギリギリの所でロックしていたんだな
自分を肯定しようとする叫びがロックンロールになったんだろうね
音楽のパッションが桁外れだ
一時、引退して牧師をしていたというんだから・・・
振幅の大きさを物語るエピソードですな
そんなリトル・リチャードですが、引退後の復活コンサートでは
ビートルズが前座をつとめた・・・というのが、ちょっといい話です


同性愛者という事で、「チャック・ベリー自伝」では
リトル・リチャードの言葉が全部、御丁寧にもオネエ言葉で翻訳されていた!
あれには笑ってしまったな〜
そんな訳で、のっぽのサリー=背が高い女の子
=男みたいな女=つまり、オネエ・・・の事なんですね
同性愛者ならではのロックンロールだ
これには岸部一徳もビックリだろう
(俺、オネエだったのか?!)


♪〜メリーおばさんに教えよう、ジョンおじさんの事
ミジメなもんだって言ってたけど、そうでもないってね
楽しんじゃってるよ、背の高いサリーとね・・・
今夜は楽しもうぜ♪


この曲はストレートに「楽しもうぜ!」って歌っているんだ
ロックンロールとは言え、ここまで単純明快なのは余りないよね?!
最高だ!


メリーとジョン(=ジョニー、ジャニー)は姉弟なんだな?
ジャニーズ事務所みたいじゃないか?!
(副社長はジャニーの姉メリー)
ジャニーさんは少年愛のゲイだね(本人は否定しているが・・・)
ビートルズの敏腕マネージャー、ブライアン・エプスタインもそうでした
ジャニーさんはエプスタインを意識していたのかもしれない
初代ジャニーズも、フォーリーブスも、ビートルズと同じ4人組だしね
ゲイノウ界はゲイが幅をきかせているのだ・・・

name
email
url
comment

2013.12.14 19:34
マルタツ
マゼンタさん、ようこそ!
マルタツ節ですか〜マゼンタさんがブログやってるのを知って、俺も!って思ったんです
レコード持ってましたか〜さすが同年代ですね
臭いは大事ですよ(笑)ダウンロードはつまんないです
やっぱり音楽は(レコードを)見て、触って(イヤラシイか?)楽しんだ世代ですから

2013.12.14 12:25
マゼンタ
こんにちは、マスターことマゼンタです。さっそく覗かせて頂きました。マルタツ節全開の内容を堪能させて頂きました。ラインナップの中で持っていたのは「エクソシストのテーマ」のみです。レコード盤の臭いが他と違っていたのが覚えています。まあレコード盤の臭い嗅ぐ人なんていませんけどね。