Listen To The Music

真夜中のサイレント・ラジオ、MRT2(マルタツ)です冗談野郎のグダグダな話を絶賛ON AIR中〜Listen To The Music Facebookページhttp://www.facebook.com/nipperradioYouTubeのリンク切れは御容赦下さい💧記事を選択(記事名をクリック)するとこのブログの人気の記事(Popular Entries)が表示されます©2012ー2017 公害新聞社
真夜中のサイレント・ラジオ、MRT2(マルタツ)です
冗談野郎のグダグダな話を絶賛ON AIR中〜


Listen To The Music Facebookページ
http://www.facebook.com/nipperradio


YouTubeのリンク切れは御容赦下さい💧


記事を選択(記事名をクリック)すると
このブログの人気の記事(Popular Entries)が表示されます


©2012ー2017 公害新聞社
誓い

誓い

The Stylistics
You Make Me Feel Brand New
1973



これがスウィート・ソウルだ!
スタイリスティックス「誓い」です


スタイリスティックスというと「愛がすべて」も代表曲ですね
あれは「ハッスル」でお馴染み(我々世代限定ですが・・・笑)の
ヴァン・マッコイが手掛けているので、当世風のディスコ・サウンドになっているんですね
それまではフィリー・ソウルの立役者、トム・ベルが手掛けていたんです
スウィート・ソウルですよ・・・甘美な官能の世界


当時、ダイアナ・ロスとマーヴィン・ゲイの「ユー・アー・エブリシング」もヒットしていましたが、
これもスタイリスティックスがオリジナル(カバーだ)
大橋純子の「やさしい人」もそこそこヒットしていましたが、
これもスタイリスティックス「フロム・ザ・マウンテン」がオリジナル・・・
(パクリだ 笑)


ソウルというと、どうも大人な洗練されたイメージを持ってしまう・・・
泥臭いソウルもあるんだけどね
まあ、当時 都会的なフィリー・ソウルの時代だったという事もありますが
・・・犯人は小林克也だ(笑)
当時、「ソウル・フリーク」という ソウルばかり流すラジオ番組があって
カッコよかったんですよ
あの声、あの英語ですから・・・もうたまりませんでした
当時はまだ「ベスト・ヒットUSA」で顔バレしていなかったしね(笑)
余計にカッコよかったんです


スタイリスティックス「誓い」は泣けるね〜!
悲しい曲じゃないからこそ、泣けるんです
これは一点の曇りもない究極のラブ・ソング!
でもI Love Youとは 一言も言っていないのが憎いんです


http://www.youtube.com/watch?v=WogXHXua9Ds


♪君が幸せでありますように
君といると生まれ変わったみたいだ
信じてくれて嬉しいよ
ありがとう


だもんな〜チーク・タイムでかかる訳だね!
披露宴にも最適だ・・・キャンドル・サービスで聞いた事があるよ
イントロのエレクトリック・シタールがまた染みるんです
余り使われない楽器だよね・・・エレクトリック・シタールと言えば
この曲です!適材適所!
(野口五郎「私鉄沿線」のイントロもそうですね)
山下達郎もこの曲、得意の一人アカペラでやってます
この曲、好きなんだろうな〜
タツロウはオリジナル曲でも、エレクトリック・シタールを
さりげなく使っていたりするんだ・・・嬉しくなりますね


ウーン、なかなかクリスマスに相応しい選曲なんじゃないの?
(自画自賛)
クリスマス・ソングに辟易したアナタにもオススメです
でもケーキより甘い曲だからな〜口直しにはならないか?
クドイかも♪

name
email
url
comment

2013.12.26 20:24
マルタツ
お初です!某杉本喫茶室ブログでお馴染みの方ですね!
面識のない方の訪問が嬉しくて、こちらもビックリです

マルタツ1960とある通り、1960年生まれのオヤジです
70年代は自分の10代、80年代は20代と分かりやすくていいんです
「ナイトフライ」は完璧ですよね
もちろん超お気に入り★★★★★です

画像パクリまくりの、素敵には程遠いブログですが…
今時ガラケーで更新しているのが、なかなか渋いと思っています(笑)

2013.12.26 09:05 杉本喫茶室の近くにこんな素敵なブログがあるなんてビックリです。マルタツさんはたぶん私と同年代じゃないでしょうか?
音楽性とジャケットアートで選ぶと「ドナルドフェィゲンのナイトフライ」は私の洋楽No.1です。パイオニアのTV−CM懐かしいなぁ…